KOEHIRO~声を拾う・広める~

【KOEHIRO】は、様々な「声を拾う」「声を広める」という意味を込めています。夫婦関係や両親との関係、自分が普段の日常で思うことや仕事に関してなど、幅広く様々なことを書いて行こうと思います!また、定期的に「KOEHIRO会」と「TSUNAGUカフェ」の運営もしておりますので、ご興味ある方は是非コメント下さい。

ピルってどんな薬か知ってますか?避妊だけではないピルの効果。

皆さん、ピルってどんな薬か知っていますか?

「避妊」での用途については知っている方も多いかと思いますが、

その他の効果などについては、日本でまだまだ知られていないようです。

 

私も、自分が服用する立場になるまでは、

全く知りませんでした。

 

ただ、女性の場合は「避妊」だけではなく、

今後使用する可能性が比較的高い薬だと思うので、

今回ご紹介したいと思います!

 

低用量のピルの主成分は、エストロゲン(卵胞ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)です。【働きの違う女性ホルモンのこと】

 

なので、ピルを飲むことによって、女性ホルモンが補充され、

脳が妊娠に必要なホルモンは体内に沢山あると判断します。

 

すると、脳が自ら分泌する女性ホルモンの分泌を抑制するため

排卵が止まります。(=生理がこなくなる)

 

排卵が止まることで心配される方も多いかと思いますが、

服用を停止すれば、私の経験上大体3~4日程度で、

また身体が妊娠体制になり、生理がくるので

心配することはないと思います。

 

排卵を休ませることにより、卵巣や子宮は休養できるため、

不妊治療」でもよく使用されている薬なんです。

 

また、服用することでホルモンバランスが安定し、

生理トラブルが軽減したり、気分が明るくなり、

むくみや肌荒れも改善するなど、身体の不調を軽減することが出来ます。

 

そして、実は更年期の方も服用することが多い薬でもあるのです。

服用するとどのような効果があるかと言うと・・・

更年期の不調緩和や骨粗鬆症予防にもなるそうです。

 

ですので、女性は今服用していなくても

いつか服用するタイミングがくるかもしれない

身近な薬だということが言えますね。

 

ただ、やはり服用するにあたり副作用などが心配になりますよね。

副作用として、よく言われているのが下記の項目です。

 

<ピル服用の副作用>

吐き気

倦怠感

不正出血

頭痛

乳房の張り

 

私も、病院の先生からこれらの副作用が

飲み始めてしばらく続くことがあるという説明を受けました。

 

個人差もあるようで、1~2ヶ月続く方もいるとのことです。

 

私の場合はと言うと・・・

夜初めて服用した翌日の朝は、吐き気と倦怠感

ベットから起き上がることの出来ないくらいでした。

結局、午前中の仕事はキャンセルして、午後から仕事をすることに。

 

午後の移動中の電車の中でも、吐き気が止まらず、

何度、途中下車しようかと思ったことか。。

 

でも、仕事をしているうちにすっかり体調も治りました!

翌日からは、特に問題なく過ごすことも出来たので、

これが果たしてピルのせいなのか、それともただの体調不良なのかは

わかりませんが、とにかく2日目からは何の問題もありませんでした。

 

ピルが日本で認可が降りたのは1999年ですので、

歴史を見ると、まだまだ17年程度と若い歴史の薬のようです。

 

ピルにも多くの種類が存在するため、

服用する際には、市販ではなく、きちんと病院の先生の

処方を受けることが必要ですね!

 

つづく