KOEHIRO~声を拾う・広める~

【KOEHIRO】は、様々な「声を拾う」「声を広める」という意味を込めています。夫婦関係や両親との関係、自分が普段の日常で思うことや仕事に関してなど、幅広く様々なことを書いて行こうと思います!また、定期的に「KOEHIRO会」と「TSUNAGUカフェ」の運営もしておりますので、ご興味ある方は是非コメント下さい。

「瘀血(おけつ)」って知ってる?初めて知った自分の生理の異常について。

月に1度やってくる台風のような日。

嵐の前には風が吹き荒れ、前兆を感じながら雨が徐々に降り始める。

そして、台風が上陸した時には、もう何も手出しが出来ないような自然の脅威に身をまかせるしかない。

 

そう・・・それは初経から閉経までの間、女性に月に1度訪れる生理である。

 

生理前には、段々と顎下辺りに吹き出物が出たり、イライラし始めたり、気分が落ち込んだり、PMSの状態に陥る方も多いのではないだろうか。

 

そして腰やお腹が痛くなってきたなと思ったら、突然生理はやってくる。こうなったらもう自分ではどうすることも出来ず、ただただ嵐のような1日目、2日目が過ぎ去るのを待つしかないのだ。

 

 

私は生理痛が非常にしんどい方である。生理の1日目と2日目は何とも言えないほどの腹痛と腰痛に悩まされる。

時に薬が無ければ起き上がれないほどの痛みに襲われたり、会社に行く時には冷や汗をかきながら何とか乗り切るという感じでこの生理とは今まで付き合ってきた。

 

とある日、鍼灸に行った時に先生に聞いてみたのだ。

私「先生・・私生理痛がひどくて。。」

先生「生理痛?生理痛って普通ないからね。」

私「え!そうなんですか?」

先生「そうだよ。今の女性達ってみんな生理痛があるのが当たり前って思っている人が多いけど、逆だよ逆。」

 

その時、高校時代のことをふっと思い出した。

そう言えば、高校時代私に「生理痛」という言葉は存在しなかった。

 

なので、生理痛のため朝から真っ青な顔をしながら辛そうに登校してきている友達や、授業の途中で保健室に行ってしまう友達が不思議でしょうがなかったのだ。

 

でも、今やどうだろうか。社会に出て、仕事につき、家庭を持ち、段々と生理痛が悪化しているのを感じている。

高校の時は「理解出来ない」とすら感じていた生理痛が、もう毎月来て当たり前のことになっているのだ。

 

 それまで自分以外の人の生理事情なんて全く知る余地もなかったが、実は私の生理は他の人とは違うのではないかという疑問に思うようになった。

 

その理由の一つとして、生理痛の他にも「そう言えば!」というちょっとした気になることがあったからだ。

 

それは、生理の時の血について。

私は生理の時には血の塊が出てくることが多かったのだ。

 

あまり生理のことなんて、女性の間でも話す内容ではないので、自分の生理が通常なのか、それとも異常なのかの判断は日常において非常難しいことのように感じる。

 

そこで、とある日の女子会でこんなことを親友達に聞いてみた。

 

私「ねえねえ、生理の時って血の塊って出たりする?」

友達A「血の塊!?出ないよー。」

友達B「出ない出ない。基本的にサラサラしてるかな。」

私「赤い血って感じ?」

友達A「そうだね、比較的そんな感じかな。黒っぽかったりはしないよ。」

 

通常の生理の場合は、どうやら血の塊は出ずに比較的鮮やかな赤いサラサラの血が出るらしい。そんなことを、私はようやく知った。

 

ちなみにその友人達は既に子供がいる。

そんな先輩ママからの情報はとっても勉強になる!

また一つ、既にママとして奮闘中の友人と自分の体の違いを知ることができたのだ。

 

違いがあり、知ることが出来たらということは、それを改善すれば何か変わるかもしれないという希望でもあると私は思う。

 

 

<瘀血の人の状態>

◆月経の状態

  • ・生理痛が強い
  • ・経血に塊が混じる(レバー状や細かいもの)
  • ・経血の色が黒っぽい
  • ・生理直前の基礎体温の低下が緩やかで、出血まで3日以上かかる

◆起こりやすい疾患・症状

 

生理の際に、生理痛がひどかったり、血の塊が出たり、経血が黒っぽい場合は、東洋医学では瘀血(おけつ)と言うらしい。

 

どうやら瘀血は血液循環が悪いために起こるそう。

私がそれを知ったのは、1ヶ月前ほどのことである。もう何年も共にしてきた生理のはずなのに、異常に気づくのにはかなりの時間を要してしまった。

 

<健康な人の体はこんな感じ>

●生理痛 → 基本的にない
東洋医学では、基本的に生理痛は無いのが基本。
下腹部のあたりが重い、だるいという程度はあっても、痛みはない。
●経血の量・色
多い日の昼間 → ロングナプキンで、2時間以上もつ
夜 → 夜用ナプキンで一晩漏れずに眠れる
色 → 鮮やかな赤い色
●生理周期・日数
周期 → 28日
日数 → 5~7日
●体調 → 常に快調!
風邪をひいたり、病気になったりした以外は頭痛や肩こりなどの体調不良はない。「なんとなく体がだるい」などの症状のなく、仕事に対しても意欲的に取り組みことができる。
●顔色 → 透明感のある肌色
基本的に顔のハリや艶がよく、化粧のノリで悩む事がない。

 

 

私が鍼灸や漢方を飲み始めたのも、約2ヶ月前のこと。それでも、少しずつではあるが改善されてきている気がしている。

 

 

妊娠をいくら希望していても、自分の体が赤ちゃんを迎える準備が出来ていないとダメなんだなと改めて思うと同時に、妊娠の第一歩は、今まで頑張ってきた自分自身の体のメンテナンスから始まるのだと思った。

 

自分が日常生活の中で当たり前と思っている、ちょっとした我慢が効くような不調も、実は意外と深刻な自分自身からのSOSなのかもしれない。

 

 自分を労わること。ついおろそかにしてしまいがちだけど、とても大切なことだと思う。