KOEHIRO~声を拾う・広める~

【KOEHIRO】は、様々な「声を拾う」「声を広める」という意味を込めています。夫婦関係や両親との関係、自分が普段の日常で思うことや仕事に関してなど、幅広く様々なことを書いて行こうと思います!また、定期的に「KOEHIRO会」と「TSUNAGUカフェ」の運営もしておりますので、ご興味ある方は是非コメント下さい。

【人体実験開始】西洋医学から東洋医学に切り替えは不妊に有効か!?

とことん不妊治療で失敗している私ですが、病院から告げられるのは、本当にマイナスなことばかり。しかも手段はもうないようで、この治療を繰り返しして奇跡(タイミング)を待つしかないという感じです。そして、そんな私には本当に色んな情報が飛び込んできます。「これをやったら良いよ」「これを飲んだ方が良いよ」とか。逆に「これはやめた方が良いよ」「これは飲まない方が良いよ」とか。同じことでも「良い」と言う人もいれば、「悪い」と言う人もいます。最近、本当に多くの情報に混乱してしまい、「何をどうすれば良いのか」という自分の判断基準を見失いかけていました。とにかく、この非常に多くの情報から、「人によって良し悪しがある」ということは明確に分かりました。もちろん、「良い」「悪い」と言っている方の中には、商売として言っている方もいるかもしれません。しかし、私はこんなにも多くの情報を全て正しく判断出来る人間ではないので、だったらとりあえず自分の体にとって「良い」と思えるものからはじめて、実際に効果があるかどうか自分の体で人体実験してみようと思ったのです。

 

「良い」「悪い」と言っている人の多くは、「これを飲んで○○さんは、妊娠したらしいよ」「これを食べたらダメらしいよ」など、会話の中に「~らしいよ」という、いかにも曖昧な言葉が何度も出てくるのです。意外にも話を聞いていると、当事者じゃない情報は本当に多く、噂話的な感じのような気がして、私からしたらあまり説得力がないのです。自分が本当に良かったと思えるものでなければ、将来的に私自身も他の人に、オススメしたり、言うことは出来ませんし、この際、色々試してみようと思います!

 

私の場合は良いと言われるもの(サプリメントや食べ物等)も、あまり信用しないタイプでして、色んな不妊に効くという商品がありますが、どの商品LPを見ても、疑ってかかってしまう方なんです。信じる心にはプラシーボ効果があると言いますから、私の場合本当に厄介だなと自分自身でつくづく思います。。。

 

プラシーボ効果

痛みからの解放を期待するだけで、強力な鎮痛剤であるモルヒネと同等の「無痛」を引き起こす人達が一定の割合で存在する。これが「プラシーボ効果」と呼ばれるものだ。

参考

wired.jp

 

 

なので、何から始めようかなと思っていたところ・・・

先日、腰が急に痛くなってしまい歩けない程になってしまったのです。そこで、どうにかして治さなければと、前から気になっていた鍼灸に駆け込むことに。腰の痛みは慢性疲労だったようですが、なんとそれもすぐに治りました。

 

そして、西洋医学と東洋医学に関しての違いを知ることになるのです。

そこの鍼灸では、ほとんどの不妊の方が赤ちゃんを授かることが出来ているとのこと。(この時点で若干怪しいと感じでしまう私。)そこで、先生に私の不妊のことを伝えると・・・

 

先生「そりゃあ、そうでしょ。」と一言。

私「卵巣機能も低下しているみたいだし、もう手がないみたいなんですよね・・・」

先生「だって、こんなに体疲れてるよ。これじゃあ、この疲れを取るのに脳の分泌物質も優先して使われちゃうから、女性ホルモンも分泌されないし、こんな冷え性だったら、骨盤周りの血液循環はどうなってると思ってるの?卵巣機能だってそりゃあ低下するよ。」

(「まだ可能性はあるよ」と言われているようで、心がほわーっとした気持ちになりました。) 

そしてつい、

私「まだ可能性はありますかね・・・?」

先生「もちろん!」

 

可能性が少しでもあるという言葉を聞き、やってみる価値はあると思いましたし、何より鍼灸とマッサージが気持ちよかったので、今までムチを打ち続けてきて、体のケアを行ってこなかった自分へのご褒美として、金銭面的にも無理のない程度に鍼灸に通うことに決めました!

 

 

東洋医学と西洋医学の違い

 東洋医学西洋医学
特徴 調和型医療 攻撃型医療
治療方法
  1. 患者の体質を改善して予防する方法を探る
  2. 患者の自覚症状を重んじ、 病状を 観察して 「証」を決定してから治療に臨む
  1. 病気の根源を細分化して徹底的に検査し、 究明する
  2. 薬を用いて病原を攻撃する、もしくは病巣を切除する
キーワード 全機的、経験的、体質予防、人体経験、自覚症状 局部的、理論的、最近医学、動物実験、他覚症状

参考URL:東洋医学と西洋医学の違い

 

しかも、西洋医学しかやってこなかった私は、東洋医学の方が気が楽なんですね。

薬漬けで副作用などが苦しかった西洋医学に対して、東洋医学の場合は、「まず自分の蓄積されてきた現在の不調を改善させよう」というスタンスなので、自分に対して優しい治療だなと思うのです。西洋医学が外部から無理やり体の変化を促すのに対して、東洋医学は内部から自分の体の力を本来に戻そうみたいな感じかなと。

 

西洋医学にトライしたこともなかったし、私には良いリフレッシュ時間になるので、ご褒美時間を作るという意味ではじめてみます。

 

 まだ、この鍼灸が私にとって良いか悪いか、そして結果が出るのか出ないのかはわからないので、あえてクリニック名は書きませんが、今後実際にきちんと通ってみて、効果が実感出来たら、ご紹介したいなと思います。

自分の体のことは、自分で試してみなくちゃわからないので、まずは東洋医学に切り替えて、しばらく経過観察してみたいと思います。

 良い情報があったら、随時この場でご報告していきます!