KOEHIRO~声を拾う・広める~

【KOEHIRO】は、様々な「声を拾う」「声を広める」という意味を込めています。夫婦関係や両親との関係、自分が普段の日常で思うことや仕事に関してなど、幅広く様々なことを書いて行こうと思います!また、定期的に「KOEHIRO会」と「TSUNAGUカフェ」の運営もしておりますので、ご興味ある方は是非コメント下さい。

「クロミッド」って一体なに?意外と知らない不妊治療の内服薬。

不妊治療の中でも、人工授精のタイミングで使用される場合が多い、

クロミッド(セロフェン、クロミフェン)という内服薬。

 

服用したことのある皆さんは、

何故この薬を飲んでいるのか知っていますか?

 

人工授精にステップアップした時、私が先生から言われたのはこれだけ。

 

先生「じゃあまずはクロミッド出しておくから飲んで下さいね。」

私「・・・???」

(なんですがそのお薬ー!?)

私「なんの薬ですか?」

先生「排卵誘発剤だよ。比較的弱い薬だから。」

(説明省き過ぎでしょ、先生よ。) 

 

こんな感じでしたね。

 

上記のように、どの病院でもそうではないと思いますが、

意外と、私達は病院で処方される薬に対して

先生からの十分な説明もないままなのに、

「先生に言われた通り飲むしかない」

ということが、多々あるのではないでしょうか。

 

私が、不妊治療に挑戦するにあたり、服用していたクロミッド

はじめはイマイチこの薬についてよくわからなかったのですが、

最近、先生にお話を聞く事が出来たので、

今日は、このクロミッドについて簡単に説明したいと思います!

 

クロミッド(セロフェン、クロミフェン)ってなに?

 

要は、排卵誘発剤のひとつで、

クロミッド「卵胞を育てる」ために使用されます。

 

妊娠するためには、まず卵胞が育ち排卵することが必要になるんです。

 

私の場合、卵胞が育ち排卵することは出来ましたが、

次のステップの採卵で、残念ながら全て空胞という結果でした。

 

しかし、卵胞が育てなければ、そもそも次のステップにも進めないのです。

その卵胞を育ててくれるお手伝いをしてくれるのが、クロミッドなのですね。

 

服用するにあたりデメリットは?

デメリットとして上げるとすれば、

「子宮内膜が薄くなる」ということ。

 

子宮内膜が薄くなってしまうと、

次に着床しづらいなどの問題も出てきます。

 

体外受精の場合は、採卵後に内膜が薄いと判断されれば、

回復するまで約1ヶ月凍結して、子宮内の調子を整えてから、

胚移植になるので、あまり心配しなくても良いのかなと思います。

 

服用の副作用ってあるの?

 

副作用としては、自然妊娠より多胎妊娠双の可能性が増す

という説明を受けました。

その割合は、自然妊娠1%に対して、体外受精5%とのこと。

 

多胎妊娠となると、出産までのリスクを含め

様々なことを考えなければいけませんが、

子供を望んで挑んでいることなので、私にとっては、

まず、未来の我が子を授かるということだけを

考えたいなと思っています。

 

 

また、日常生活においては、「めまい」「はきけ」「腹痛」

「頻尿」「頭痛」などの体調不良を感じるケースもあるそうです。

 

私の場合は、飲みはじめに若干の「はきけ」と

「めまい」があったように感じましたが、普通に仕事も出来ていましたし、

日常生活には問題なかったように感じています。

 

 

今回はクロミッドについて書きましたが、

クロミッド排卵誘発剤の中でも比較的弱いため、

先生達も不妊治療のスタート時期には多くの方に処方しているようです。

 

また、先生達からすると、あまりにもスタンダードな薬のため、

効果や副作用について説明しないケースもあるらしいのです。

 

患者側からしたら、「えっ?」という感じですが、

私達が会社などの組織にいる時、「慣れ」などにより、

自分にとっては「当たり前」になっていることを、

新人に教えるのを忘れてしまうということに

近いことなのかなと思います。

 

ただし、治療にあたり自分自身の身体に入れるものなので、

少しでも「不安な気持ち」や「疑問」があった場合には、

迷わず先生に直接聞いた方が良いと改めて思いました。

 

つづく