KOEHIRO~声を拾う・広める~

【KOEHIRO】は、様々な「声を拾う」「声を広める」という意味を込めています。夫婦関係や両親との関係、自分が普段の日常で思うことや仕事に関してなど、幅広く様々なことを書いて行こうと思います!また、定期的に「KOEHIRO会」と「TSUNAGUカフェ」の運営もしておりますので、ご興味ある方は是非コメント下さい。

24人に1人の新生児が体外受精によって産まれているという事実

皆さんは「ART」という言葉をご存じですか?

私はこの治療にステップアップして、はじめて知りましたが、
体外受精」や「顕微授精」などの高度な技術による不妊治療を、

「生殖医療=ART」と言いいます。



自分自身がARTを行う当事者として、きちんと理解をしたかったのと同時に、
現在、日本での「不妊」に関する周知があまりにも低いと感じたので、
多くの方に「不妊」を認知・理解して頂く活動もしているため、
先日、ARTの勉強会に参加してきました!

そこで医師の方や看護婦さんからの説明を受けた内容で、
私の知らなかったことが沢山あったので、
メモ書きしたものをピックアップしてみなさんに共有します!


体外受精の歴史


実は、体外受精による不妊治療は1978年に世界で初めて成功が報告され、
日本では、なんと1983年に最初の成功が報告されたそうです。

なので、日本での体外受精の歴史というのは、
実は33年とまだまだ浅いのです!

ただ、1983年以来、日本ではARTによる不妊治療を開始する施設が
徐々に増加しているとのこと。

日本産科婦人科学会の近年の報告(2013年報告)では、
世界最多の587施設不妊治療の施設として登録されており、
年間22万件を超える体外受精が日本で行われているというのです!

あんなに待ち時間の長い不妊治療の病院ですが、
世界でみると、日本が最多の施設数だということにはビックリですね。


となると、やはりあの待ち時間は、
それほど患者数が多いのと、それに対応する
医者不足があるのではと感じてしまいます。


24人に1人は体外受精によって生まれている

この数字に驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私は、この不妊治療に進む前まで、
結婚すれば、普通に子供を授かることが出来ると思っていました。

また、この治療をはじめてからも
周りの友人・先輩・後輩達は、スムーズに妊娠に至っていたので、

「私だけ特別そうなんだ・・・」
と、ずっと思っていました。


しかし、調査結果を見てみると・・・

2013年にARTにより誕生した赤ちゃんは、なんと42,554人で、
これは当該年度の総出生児数1,029,800人の4.1%(24人に1人)あたり、
10年前に比べると約3倍に増加しているというのです!


また、日本で体外受精による不妊治療が始まってからの
出生児数累計は38万人を超えており、
人工授精などの一般不妊治療による出生を加えると
その数はさらに増えると言えますね。


この結果からも、実は意外にも多くの方が、
「子供を授かることが出来ない」という壁にぶつかり、
不妊治療に挑んでいるということがわかります。

ただ、不妊治療というのは非常にセンシティブなことなので、
夫や家族以外には言えず、水面下で苦しんでいる方が
沢山いるのだとも思います。


「私だけ・・・」と思ってしまいがちですが、
不妊症というのは、現代では決して
珍しいことではないことがわかりました。

多くの方が未来の我が子に会える日を楽しみに
頑張っているんだなと思うと、
私も頑張ろうという気持ちになりました。


また、この問題はいずれ日本の少子化問題
大きな影響を及ぼすことになるのは
間違いないなという確信を得たのと同時に、
やはり日本全体で、不妊に対する知識や理解を
広めていかなくてはいけないと改めて強く感じました!

つづく