KOEHIRO~声を拾う・広める~

【KOEHIRO】は、様々な「声を拾う」「声を広める」という意味を込めています。夫婦関係や両親との関係、自分が普段の日常で思うことや仕事に関してなど、幅広く様々なことを書いて行こうと思います!また、定期的に「KOEHIRO会」と「TSUNAGUカフェ」の運営もしておりますので、ご興味ある方は是非コメント下さい。

「良いもの」「悪いもの」と言われるものはこの世の中に溢れかえっている。私の判断基準。

この治療をしていると、良くも悪くもアンテナがはるせいか、

「良い物」と「悪い物」の情報と毎日のように出会います。

 

また、周りからも「このお水は不妊には良いから買った方が良いよ」とか

葉酸とコラーゲンは不妊に効くから、サプリメント紹介しようか」などの

「良い物」の紹介も増えてきます。

(もちろんこれらの紹介は全て善意であると理解しています。)

 

逆に「ファーストフードは食べてはダメよ」とか

「睡眠時間も○時間とらないとダメ」など

「悪いもの」も指摘されるようになります。

 

時には・・・

「今まで(幼少期から)の食生活が悪かったんじゃないか。」

などのご意見を頂く事も。

 

しかし、私の母は家族の食事は手作りという考え方で、

栄養も考えて、私が幼い頃から毎日作ってくれていました。

 

全て善意ということはわかってはいるものの、

過去のことを指摘されてしまうと、「不妊」ということで、

私の母や家族までも否定されているような気分になり、

余計に申し訳なく、悲しい気持ちになることも多々ありました。

 

 とにかく、現代の世の中では、あまりにも情報が多く、

また、持っている情報が皆バラバラであり、

全てを聞いていると、パニックになってしまいそうになります。

 

 

しかし、色々なことを教えてもらったり、情報が入ってくるということは

有難いことです。ただ、情報が溢れ過ぎて、自己判断が出来ない場合が、

一番厄介なことだなと感じました。

 

 

私も不妊治療初期の頃、多くの情報に翻弄され、

出来ない自分が余計嫌いになり、

「これが全て出来ないから私には赤ちゃんがこないんだ」

なんて考えたこともありました。

 

しかし、さらに治療をステップアップした時、

仕事・家庭・治療だけでいっぱいいっぱいになり、

「あっ、こんなのまともに全部受け入れるのは無理だわ」

一旦、全てを諦めることにしました。

 

その時、私の中で自分の判断軸ができたのだと思います。

 

それは何か言うと・・・

 

「自分のストレスが軽減されることだけしかしない」

というもの。

 

結局、「あれが良い」とか「これはダメ」とか言われても、

全部が全部取り入れられるわけでもありませんし、

実際、高額な治療費の支払いもあるのだから、それにかける余裕だって

相当な富裕層でない限り、難しいでしょう。

 

しかし、「藁にも縋る」気持ちになっているのが、

この治療に挑む方の気持ちなので、「使いたい」とか「実践したい」という

想いがあるのも事実。

 

その気持ちは私も本当によくわかります。

 

「これを使って妊娠した人がいるよ」とかいう話も

山ほど聞きましたし、それで「妊娠するなら」と思って

実際にトライしたこともあります。

 

 

しかし、妊娠には様々な条件やタイミングがあってこそ

上手くいくものであって・・・。

結局は、その人は妊娠したけれども、「それが原因だったのか?」

ということは定かではないというのも事実なのです。

 

また、紹介をしてもらった場合、少なからず私は期待してしまいます。

 

「このお水を飲んだらきっと。」とか、

「食生活を変えたからきっと。」とかね。

 

 

でも、私の場合トライしても全然ダメ。

逆に、そのことに気を遣い過ぎて、

本当に疲れきってしまった時期さえあります。

 

また「良い」って言われたから、「悪い」って言われたから

頑張って改善しようとして取り入れたのに、結果が出ないことに

 

「ああ、私は何をやってもダメなのかもしれない。」

 

と、自分をより責める結果になってしまいました。

 

 

なので、私の判断基準は

「自分のストレスが軽減されることだけしかしない」

これになりました!! 

 

要は、サプリメントを飲んだり、ヨガに行ったり、灸やマッサージに行ったり、

食生活を変えたりと、自分がそれを生活の中に取り入れることで

不妊治療に対する気持ちが少しでも楽になるのであれば、

とっても良いことだと思うのです!

 

逆に、生活に取り入れることで、「効果」や「結果」に

過剰なまでにこだわり過ぎてしまう可能性がある場合や、

経済的な負担になったり、自分を圧迫することになることに関しては、

私は取り入れないようにしています。

 

不妊に一番の良いことは「心」の安定だと、私は思います。

 

ストレスはホルモンバランスを崩し、不妊の敵である「冷え性

にも繋がるとも言われています。

 

その「心」を崩してまで、周囲の声や情報を取り入れる

必要はないと思ったのです。

 

しかし、皆さんに「何もやらない方が良いですよ」

「情報は全て間違っていますよ」ということが

言いたいわけでもありませんし、私自身も「何もやりません。」と

言っているわけでもないのです。

 

自分に合ったもの、「心」が癒されるものは積極的に取り入れるべきだと

思っています。

 

情報が溢れかえっている、ネット社会の今、

逆にその情報に苦しむこともあるかもしれませんが、

自分の軸をしっかり持つことが出来てさえいれば、

「情報の中で自分で選べる」ようになり、

情報に翻弄されるのではなく、

「自らが情報を活用出来る」ことになるのだと思います。

 

 

ただでさえやることが多い不妊治療なので、

その他のことに関しては、やりたいなと「心」で思ったことを、

「出来る時にやる」というスタンスで私はやっていこうと思います。

 

 

 つづく